2014/10/28

国立公園・渡嘉敷島ツアー!  沖縄・渡嘉敷島

宝田です。
2014年10/22(水)〜26(日)沖縄・渡嘉敷島ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

行ってきました。国立公園・渡嘉敷島。
出発当日は何だか風が強い。
那覇ではさほど感じなかったが、海上ではかなり吹いている様子。
高速船に乗って泊港を出ると北風の影響でかなりのうねりがあり、大荒れといった感じ。
もう少し波が高かったら欠航になってもおかしくないぐらいでした。
まあ、揺れましたが無事到着。
この日は早めに夕食を済ませて就寝。
翌日はまだ北寄りの風が強く、湾内にもうねりが届き浅瀬は砂が舞い上がって白濁り状態。
うねりの影響がない場所で3ダイブ楽しみました。
1本目は小物狙いで「モンツキカエルウオ」や「コケギンポ」を狙ってじっくりマクロ撮影に没頭しました。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目は「スカシテンジクダイ」がまだまだグッチャリいるポイントでワイド撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

「ミナミハコフグ幼魚」や「ハダカハオコゼ」「オニダルマオコゼ」も探すことができ楽しいダイビングになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

3本目はショートドロップオフのポイントで「アマミスズメダイ」や「ロクセンスズメダイ」「ハタタテハゼ」などが見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

緊張気味の参加者でしたが、無事に初日終了。

ダイビング2日目はナビゲーション講習!
クリックすると元のサイズで表示します

まずは陸でイメージトレーニングをしてもらい、水中でやってみます。
指示した方角へ泳ぎ出し、いろいろな角度にまがってスタート地点に戻ってくる。
みなさん上手にできましたね。
ナチュラルナビゲーションも難無くこなしていました。
クリックすると元のサイズで表示します

透明度30mでのトレーニングでしたので、ストレスなく講習ができましたね。
2本で講習は終了し3本目は水深5mでまったりサンゴ観察60分。
枝サンゴの群生がキレイに残っているポイントで皆さん好きなように潜っていました。
クリックすると元のサイズで表示します


ダイビング3日目は風もなくベストコンディション。
クリックすると元のサイズで表示します

北側のポイントに移動し3ダイブ。
まずは、ハナゴイやデバスズメダイが群れるポイントでディープダイビング。
クリックすると元のサイズで表示します

コブシメやイソギンチャクエビも見れて大満足。
次のポイントではタイマイや日本版ピグミーシーホースが見れました。
最後のポイントは少し遠征して、座間味地区の外洋ポイントへ!
外洋の海だけあってうねりが残っていましたが、抜群の透明度にカラフルなソフトコーラルが見事。
クリックすると元のサイズで表示します

締めくくりのいいダイビングができました。

渡嘉敷でのダイビングはホテルとダイビングショップが一体になっているのでロスタイムがなく食事を含めて全てが整っているのがうれしい。
クリックすると元のサイズで表示します

休憩時間に部屋で昼寝もできるし、慌ただしい準備もなく心の余裕がありますね。
しかも、目の前がプライベートビーチなのでスノーケリングや海水浴もすぐにできてしまう最高のロケーション。
ゆっくり時間が過ぎていくいい場所です。

最終日は那覇観光。
レンタカーを借りて古宇利島までドライブ。
クリックすると元のサイズで表示します

多少のスコールはありましたが、素晴らしい景色のカフェでランチを摂ることができました。
海ブドウ丼旨かったですよ。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ