2016/11/30

新艇!座間味島ツアー  沖縄・座間味島

2016年11/23〜27 沖縄ケラマ諸島・座間味島ツアー報告!

プライベートツアーでゲスト6名をお連れして沖縄座間味島に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

出発当日は初日の午後にダイビングをしたいという要望を聞いて朝イチの飛行機で那覇に向かいました。
羽田発6時10分で9時には那覇着!
10時のフェリーで座間味には12時には到着と全て順調。
心配だったのは天候だけでした。
到着日も強風で高速船は全便欠航しておりフェリーのみ運航でした。
このフェリーは11月1日に新就航したばかりでピカピカ。

クリックすると元のサイズで表示します

気持ちいい船内はゆったりで快適でした。
座間味に到着後は早速準備してダイビングに出発です。
いつもお世話になっているダイビングサービスも新艇でピカピカ!
広々していてグラスボートもついてるので待ち時間も楽しい時間。

クリックすると元のサイズで表示します

以前に比べると広々していて使いやすい、トイレもシャワーも完備してるので安心ですね。

特に海から船に上る階段が使いやすく感動しました。
小雨が降る中での2ダイブでしたが、久々のゲストもいてゆっくりのんびりのチェックダイブになりました。
翌日は朝から台風なみの強風で那覇からの高速船やフェリーは全便欠航になるほど・・・
昨日のフェリーで来なければ2日間那覇観光で終わっていたことを考えると朝イチ便できて正解でした。
台風なみの強風でもしっかり3ダイブ楽しんできました。
サンゴの上を悠々と泳ぐタイマイや優雅に泳ぐハナゴイは皆さんを癒していました。

クリックすると元のサイズで表示します

漁礁ではコブシメのグループやアカククリもいっぱい群れていていい被写体になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

3ダイブ目にはケラマ諸島最大級のパラオハマサンゴが大迫力のポイントでめでたく250本を達成!

クリックすると元のサイズで表示します

みんなでお祝いできて良かったです。

3日目は天気も回復して朝から晴天。風は若干強いものの内湾はほぼベタ凪状態。

クリックすると元のサイズで表示します

6本目は皆さん慣れてきたので少し深場のポイントで潜りました。
ここのポイントではアマミスズメダイがかなり群れており迫力ありましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

モンガラカワハギやカクレクマノミもかわいかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

7本目は阿嘉島のニシバマへエントリー。
太陽の光が差し込み明るい水中はかなり解放的。

クリックすると元のサイズで表示します
メインの根には無数のスカシテンジクダイやケラマハナダイが群れており緩やかな流れに逆らうように泳いでいる姿は実に優雅!
癒しダイビングを楽しみました
8本目に潜ったポイントではサンゴの隙間にメガネゴンベのペアが可愛くこちらを見ていた姿はとても可愛かったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

最終日も天候は安定していて晴天。気持ちいい一日になりました。
9本目は一面砂地の海底砂漠!
真っ白な水底にできるリップルマークは自然が作る美しさ。
砂地を住処にするヤシャハゼもみんなでじっくり観察。

クリックすると元のサイズで表示します

浅瀬にはドリーことナンヨウハギの子供たちがサンゴの隙間に出たり入ったり・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは50本記念ダイブも無事できました。

クリックすると元のサイズで表示します

10本目は近場の阿真ビーチ前にエントリー。
白い砂地に点在するサンゴ礁にはデバスズメダイやミスジリュウキュウスズメダイが群れているのが印象的なポイント。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゲストも思い思いにカメラをむけて撮影していました。
11本目も砂地で本日砂地3連ちゃん。
ここも小さいサンゴ礁に魚がいっぱい。
スカシテンジクダイやキンメモドキ、ケラマハナダイやカシワハナダイなどかなりの数が群れていてここだけで30分も潜っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

少し移動するとガーデンイールや見事なウミウチワもみれて楽しいダイビングでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは200本記念ダイブができいい思い出になりましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

潜れるだけ潜ったツアーは4泊5日で11本。
日に日にコンディションが良くなる海に興奮気味のゲストでしたが大満足の座間味になりました。
最終日の夜は感謝祭のお祭りに参加しミニライブやエイサー等で楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ