2017/2/24

ベストシーズン!シミランクルーズ!  シミランクルーズ

2017年2/15〜21 タイ・シミランクルーズツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

 毎年恒例となってきたシミランクルーズ。
季節風が強く吹く時期は開催されていない貴重なクルーズで12月〜5月の約半年間しか潜ることができない。
その中でも2月は凪が続くベストシーズンと言われています。
昨年は風が強い日が続き大荒れのクルーズになってしまいましたが今年は比較的穏やかな海況でクルーズすることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

3泊4日のクルーズでは初日と2日目にシミラン諸島で8ダイブ!
インド洋公有種「コラーレバタフライフィッシュ」も群れてました。
クリックすると元のサイズで表示します

アカヒメジも群れ群れです。
クリックすると元のサイズで表示します

シミランの水中はソフトコーラルがとてもキレイ!
クリックすると元のサイズで表示します

クルーズ船がいっぱいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

3日目・4日目でスリン諸島まで遠征しダイビングを楽しんできました。
ボン島ではマンタ狙いで2ダイブしましたがマンタの姿を見る事ができませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

旬のスカシテンジクダイも凄い群れ!
クリックすると元のサイズで表示します

ミャンマーの国境付近にあるリチェリューロックは穏やかで3ダイブすることができました。
クリックすると元のサイズで表示します


このポイントの人気の理由はとにかく魚影が凄い!
クリックすると元のサイズで表示します

見たことのないソフトコーラルの群生が凄い!
クリックすると元のサイズで表示します

サンセットダイブで潜ったときは40分のダイビング中ずっと群れに遭遇してました。
でも透明度10mはちょっと残念でしたね。

今回使ったクルーズ船のゲストはアメリカ・韓国等国際色豊かなメンバーでした。
食事は毎食おいしくいただきサラダが多かったので女性ゲストには好評でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

スタッフも気さくで快適な船上生活でした。
ただ、私の同部屋でアンドリューさんはかなり個性的でマイペース。
日本語も話せないのでコミュニケーションがちょっと苦労しました。

今回3日目の早朝ダイブで無事700本記念をお祝いすることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

有名なポイント「タチャイピナクル」で達成できて最高でしたね。
安全停止中にバラクーダの群れもお祝いにきてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

みんなでおもしろ記念ダイビングをしたのでとても印象に残るダイビングになりました。
アフターダイビングではバランスロックに行ったり、
クリックすると元のサイズで表示します

カオラックの夕日を眺めたり、
クリックすると元のサイズで表示します

おいしいイタリアンを食べにいったり
クリックすると元のサイズで表示します

あっという間の7日間でした。

朝日がキレイでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

また来年お待ちしております。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ