2010/7/23  22:37

萩焼き  

あ、今回の旅では

萩・津和野にも
寄ったのですが

手前のお盆に乗ってる器は
萩で買った萩焼きです♪

奥のお盆に乗ってるのは
以前京都で買った
清水焼です♪

やすぴが遊びに来てくれた時
やすぴの好きなフルーチェを
入れて出してみましたカップ

お花の入ってるのは
100円ショップで
買った器です(聞いてない・笑)


クリックすると元のサイズで表示します



2011/1/13  0:18

投稿者:珠吉

私も全くわからないので、ピンキリある中から最初は単に好みの色や柄でお手頃価格の物を買おうとするんだけど、お店の人に「釜で焼いたものはこういう焼き色が入るんですよ」とか「この素材は使って行くうちに色が変化していくんです」とか色々とお話を聞いてからお店を見渡すと、機械で作られた既製品は、こういうのはどこでも買えるしな、って思えてきて。手触りや柄が1つ1つ違う手びねりのものとか、その土地の焼き物の特徴の出た器とかが素敵に見えてきて、これはここならではだもんな、これでコーヒー飲んだら飲むたびにここを思い出せるなあ、なんて思っちゃって、最初は目にも止まらなかったユニークな器を買いたくなったりして不思議^▽^自分の好みが思いがけず広がる瞬間が嬉しくて、旅行先で焼き物屋さんにお話を聞きながら1つ2つ何か買うのに最近はまってる。この間行った四国では砥部焼きのお茶碗買ったよ夜ご飯、ワクワク楽しい。

2011/1/6  3:18

投稿者:Maiko

私は焼き物の事なんてちっとも分からないけど、やっぱり本物は違うのかしら?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ