☆お気楽主婦が、大好きなハワイのこと、手作り、おしゃれ、美味しいもの綴っています。☆

2008/12/26  15:55

母の着物から。。。  趣味

クリスマスの飾りを外し、新年を迎える準備へと今年も一週間を切りました。

着物好きな母が形見分けに残してくれた紬の着物。何度か袖を通したのですが、裄が短く私の長襦袢とも合わず箪笥の中に眠っていました。

そこで、思い切ってリホームすることに。はさみを入れるには、ちょっと躊躇しましたが、お正月用のテーブルランナーへと変身し、年の初めに、母の思い出もおせちの味と一緒に加えたいです。

☆最初は、こちらの帯とも思ったのですが、さすがにこれは大事に保管しておこうと。。。(多分、母が20代の昭和初期の袋帯だと思います。)

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが、母のお気に入りだった紺地の紬

☆厚めの接着芯を入れ、裏地はエンジ色の和布を使用。
クリックすると元のサイズで表示します


昨年同様、祝い箸袋も作りました。今回のお箸は、麻布のF.O.B COOPで見つけた金色の塗箸
クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/12/27  21:49

投稿者:togu

☆kaoさん
帯地はさずがにくたっとしてますが、刺繍は解れることなく、昔の手仕事はさすがだなぁ〜と、思いました。
>お正月の時だけでも、壁に飾ることは出来ないでしょうか
なるほど!とても良いアドバイス有難うございます。
呉服屋さんウインドウに飾られている感じとかですね。

PS.予定日に届かず、ゴメンナサイ。
お正月はご主人のご実家で、しっかりお嫁さんして来て下さい。笑!





2008/12/26  18:43

投稿者:kao

帯・・・いいですね〜。お正月の時だけでも、壁に飾ることは出来ないでしょうか?ちょっとバーに掛けるだけでもいいですし、大きな絵皿を飾るように何かに寄りかからせてみたり・・・

テープルランナーもスッキリしていて素敵です。お母様の形見を、今の家族と一緒に新年の凛とした空気に触れさせてあげる・・・そういうお気持ちですよね。

それに、上等な日本の布をリメイクすることは、この紬布を無心に織り上げた、昔の無名の女性の方にも敬意をはらっているように思えます。

良いお正月をお迎え下さい!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ