2011/5/15

イノチ  

「処分」の言葉を動物達に使うの、嫌いでぅ。
家族同然のペットに対してはもちろんの事
酪農家の方たちは、
命の意味の極みのそばで
生活されているのだと思う。

さいきんまたよくきく「しょぶん」のことば
かんたんにしょぶんというが
らくのうかのひとにとってはほんとうにみをきるおもいだと・・・
わたしのそうぞーいじょうのものだとおもう。
にゅーすをみるたびになみだがでる。
どうぶつたちのめがほんとうのことおしえてくれるから・・・。
だけど・・・わたしはでんきをつかう・・・。
まったくである。


クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ、ねこさんが苦手だった
昔むかしの写真でした。
1



2011/5/16  21:26

投稿者:たまのかーさん

*梅こぶ茶様
 コメントありがとうございます。
 目の前のイノチを精一杯に
 大切にしようと・・・思います。

 私が守られているような気もしますが^^。

2011/5/16  20:58

投稿者:梅こぶ茶

はい。イヤです。
梅こぶ茶も被災地での動物の映像が流れるたびに涙がとまらないんです。一緒に生活していた子たち。
その子たちのコトを思うとかなしくてつらくて。
なんとかしてあげたくてもできないもどかしさ。悔しさ。苦しさ。
書いていても涙が出てきます。
つらい現実ですね。

http://yaplog.jp/nyotalog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ