珍入者  自然をだいじに

生協の保冷箱を動かそうとしたら、
1年ぶりの珍入者。
もぞもぞと動くのでびっくりしましたが、
コクワガタです。
森までは少々距離があるので、明かりにつられて飛んできたのだと思いますが、まだまだ涼しい今日この頃。
夏の入り口だということをすっかり忘れていました。
夕方の犬の散歩で、近くの森の蜜の出る木にかえしてあげることにして、まずは腹ごしらえ。
何を食べるのかわからないので、だんなと息子にメールでSOS。
バナナを入れてあげると、張り付いてきたので、少しはお気に召したかと思われます。
日が暮れて、蜜の木に行くと、いるわいるわ。
こんな街中の森にも昆虫が蜜を求めて木に張り付いています。
お友達もたくさんいたので、放してあげると、そそくさと落ち葉の下にもぐってゆきました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/6/12  7:29

投稿者:事務局長

もうコクワガタがいましたか?小学生の頃は毎日朝と夕方山に取りに行っていました。高学年になると低学年の子にも取ってあげていたことを思い出しました。でも、あげるのはぶーちゃん(カブトムシの雌かコクワガタ、差別用語だったら謝ります)かカブトムシの雄の小さいのでしたね。大きくて赤いカブトムシやミヤマクワガタは絶対に自分の虫かごに入れていました。イッパイ取れたときにはノコギリクワガタや雄のやや大きいカブトムシをあげると喜んでいた顔が目に浮かびます。優しさのある上下関係今は無くなってしまったのかな?楽しかったいにしえの思い出です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ