長崎でシーカヤック

シーカヤック長崎のブログです。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:iwana
ガイドツアーの場合、2番の事項が悩ましい課題だと思っています。例えば全くの初心者とかなりの経験者を一緒にガイドツアーするときは初心者の技量に合わせてツアーを組わけですが、経験者に対して事前にその旨を説明し納得してもらわないといけません。ところが海況が悪くなるとみんなが一所懸命ですから漕げる人はどんどん進み、漕げない人は遅れて結果的にグループがばらけてしまうケースがよくあります。一気にリスクが高まるわけですが、これを避けるのが実際には難しいと常日頃実感しています。
>自分の場所も出艇場所が階段下なのでなかなか悩ましい環境ではあります
階段から出艇する場合のリスク、それを回避するためのやり方を事前にきちんと説明するだけでもそのリスクと責任をかなり回避できると思いますが。
投稿者:あおたんと
1〜8番までは通常の説明だと思います。
自分は7番が抜けていました。

4番において、ペダルのフイッティングの後、お客さんにカヤックを運んでもらうのが一番良いと思いますが、ツアーではなく単純な体験会の場合はファンカヤックでシートフイッティングも無しに、はい!乗って乗って!というケースが他所においてもまま見受けられます。

自分の場所も出艇場所が階段下なのでなかなか悩ましい環境ではあります。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ