長崎でシーカヤック

シーカヤック長崎のブログです。

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:iwana
一般の海においてシーカヤックが一般の海を運航することを禁止する法律はありませんが、漁民にとってはない方がいい船でしょうね。港則法を準拠してどの海域でも動力船の針路を妨害しないように留意したいものです。
また海上衝突予防法10条7項に「航行中の船舶は、通航路において漁ろうに従事している船舶の進路を避けなければならない」とあり、従事中の漁船に優先権が与えられています。
投稿者:しんのじ
おっしゃる通りで、バラバラな船団というのも、かつて現地の漁民を少々刺激した部分はあったのでないかと思います。とにかく譲り合い優先で、海上に敵を作らないようにしなくちゃいけませんからね・・・。
投稿者:iwana
メンバーがそれぞれ80〜100%の力で漕いだらそのグループは間違いなくバラバラになるでしょう。そうなるとグループツーリングではなく、その人数分の個人ツーリングになる可能性が高いですから、艇数が10艇前後に及べばその場に遭遇する漁師さんはいやでしょうね。「船団をバラバラにしないために」はガイドツアーを念頭においてのものですが、仲間内でも大人数でのレースの練習ならば高校生のカヌークラブのように動力船がほとんど通らない所で練習すべきでしょう。
投稿者:しんのじ
これは身につまされる話です。以前、レースによく出る面子の多いクラブ(今は実質休部中ですが)でのミニツーリングの際は、レースの練習なのかグループツーリングなのか微妙な漕ぎ会が多く、悩ましかったです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ