長崎でシーカヤック

シーカヤック長崎のブログです。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:iwana
風力6の東からの風が吹いても辺田島あたりではほとんど波が立たないので、経験者はまず沈しないと思います。このような状況でカヤック初体験の人を案内するときは、城山の西側(風裏)を岸沿いに北上し木ノ浦崎から向かい風に挑みます。風に負けなければさらに進み、前進しなければそこでストップし、同じルートで戻ります。あるいはお客様の漕力(とくにバランス感)を判断して辺田島経由で戻ることもありです。
辺田島から湾外(朝鮮海峡側)まで5kmほどありますから、仮に単独漕行で沈脱して東に流されたとしても3種の神器(3つの自己救命策;ライフジャケット・携帯電話を防水パックに・118番に連絡)があれば、今の季節なら最悪の自体にはならないでしょう。
浅茅湾は安全性が高いシーカヤックフィールドですが、最悪の事態に留意しながらリスク管理に努めたいと思っています。
投稿者:aotant
ということは…

地図で見る限りは、辺田島を過ぎてしまうと細り口方面からの風力6の雄風で沈するか浅芽湾に流されるか…となる可能性もある訳ですね?

お客様の漕力のレベルと気象判断とその他etc…
非常に判断力が必要なことと思います。

そういう時のガイドの安心感というのは特に、初心者にとっては効果絶大(私は、伊王島で経験済みです(^-^))ですので、がんばって下さい!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ