カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事カテゴリ

検索



このブログを検索
RSS

ネーチャーフォトトリップ


☆八千穂高原(長野県佐久穂町)クリックすると元のサイズで表示します


☆志賀高原.渋峠付近(群馬県)
クリックすると元のサイズで表示します


☆志賀高原/残雪の志賀草津道路(国道292号線)
クリックすると元のサイズで表示します



6月1日から4日間、八千穂高原(長野県)〜志賀高原(群馬県)の撮影旅行に出掛けてきました。
サーフィンの『動』に対し、今回はネーチャーの『静』を堪能するトリップです。


宿は、日本三名泉の一つで自然湧出量が日本一を誇る草津温泉で、の〜んびり天下の名湯に浸かって命の洗濯をしながら志賀高原の撮影拠点にしました。

雨の朝に到着した八千穂高原は最初の撮影地で、ミツバツツジがちょうどピークを迎え、たくさんのカメラマンが訪れていました。

白樺とツツジの撮影に欠かせないのが「霧」、雨が降ったり止んだりの中で午後3時半過ぎまで待ったが、霧のベールに包まれたのは僅か5分足らず・・・・・自然は思う通りにはいきません。



翌日、温泉に浸かって鋭気を養ったあと、深夜2時半過ぎにホテルを抜け出して第二の撮影地である志賀高原に向かいました。

渋峠の気温表示は4℃、雪の残る寒さの中での撮影といえども、北風びゅーびゅーの冬の伊良湖より楽だった。


翌日も深夜にホテルを抜け出して志賀高原に車を走らせたが、前日とは違った朝景が待っていました。まさに写真の醍醐味がここにあります。

最終日は再度八千穂高原に立ち寄ってから帰路につきました。
全行程走行距離は933Kmのフォトトリップでした。

〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜

アップを待っているサーフィンの写真はこの次デス・・・・・。



              



☆ミツバツツジ咲く新緑の駒出池(八千穂高原)
クリックすると元のサイズで表示します


☆「高原の貴婦人」と呼ばれているミツバツツジ(八千穂高原)
クリックすると元のサイズで表示します


☆日の出前の志賀高原
クリックすると元のサイズで表示します


☆日の出前の志賀高原
クリックすると元のサイズで表示します


☆志賀高原の日の出
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:キタムラ
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:キタムラ
yukaさん、

お褒めのことばをいただき恐縮恐縮・・・・・。

本人はもちろん「完璧」なんて思っていませんが、
少しでも完璧を目指したいです (*^_^*)

名古屋での個展ね〜・・・・・
またいつかはやりたいと思っているんですがね・・・・・。


投稿者:yuka
動と静の両方の写真を完璧に表現されるなんて凄いです。

サーフィンにしても風景にしても、とっても綺麗なお写真ばかりで見応えがあります。

ぜひまた名古屋で個展を開いてくださいね。


AutoPage最新お知らせ