5匹のチワワとシーズーの6ワンコと縁あって我が家の仲間入りした4匹の猫、金魚の大家族の日常を綴った日記です。

2018/10/7

シフォン旅立ち  シフォン

かなり久しぶりの投稿です。
キャンディーを亡くしてから、我が家はこの2年、恐ろしいぐらいの沢山の出来事がありました。
悪夢の様な2年。
そして昨日、更に追い討ちをかけるかの様に闘病中のシフォンが旅立ちました。
14歳と3ヶ月。奇しくもキャンディーと同じ14歳での旅立ち。
糖尿病になって10年。毎日の日課だったインスリン注射ももう打つことはありません。
元気だったシフォンが、急性腎不全に倒れ、キャンディーと同じアルツハイマーにもなり、毎日投薬、皮下点滴でこの数ヶ月何とか一進一退しながら生活出来ていたのが、入院、毎日の通院に変わり、昨日看とることも出来ず、病院で亡くなりました。

毎日仕事が終わってから病院に寄ってシフォンに会うのが日課になっていましたが、前日は点滴中という事もあり、様子を聞いて会う事なく帰宅したのが悔やまれます。
でも、ここ数日よくご飯も食べ、亡くなる2日前は抱っこしてシフォンと話をしていました。穏やかな表情で、クンクン甘える様に、以前のシフォンに戻った様でした。あれが最後になるとは。

亡くなる週の月曜日はシフォンはかなり深刻な状態で、私はその前日にシフォンの死の夢を見ていました。嫌な予感がして翌日病院に行った時には苦しそうに暴れて、医師にもかなり危険な状態と言われていました。それでもまだ出来ることがあるならと、せめて週末まではと医師に話していたのを聞いていたかの様にシフォンは1週間頑張ってくれました。何度も危篤、生還を繰り返し、医師も奇跡の様だと驚くぐらい頑張ってくれていました。そして金曜日医師が夜中の12時には異変が無いのを確認し、朝見た時には眠っているかの様に亡くなっていたそうです。3連休の初日の土曜日の朝電話があり、急いで迎え行き、昨日は元気だった頃の様に枕元で一緒に寝て、今日空へ旅立ちました。きっと私が言った週末まで頑張って待っていてくれたのでしょう。私の我儘を聞いてくれたのだと思います。優しくて、人と犬見知りで、神経異質でとっても甘えん坊でした。いつも私の後を付いて来ていたシフォン。もういないなんて信じられない。3チワ親子の一角が崩れた事がショックで呆然としています。相方のリアンも14歳で肝臓に沢山の腫瘍が見つかりました。子供のレイも腸腺癌と心臓病で戦っています。
いつかは見送る日が来るのはわかっていますが、何度見送っても慣れません。悲しみは増すばかり。今回は息子と娘が立ち会ってくれました。私の現在の不自由になった体を心配して、そして家族を見送る為にそれぞれの予定をキャンセルしての立会いでした。
ヴィー、キャンを見送った深大寺動物霊園で火葬して遺骨は自宅に。

シフォンもう苦しくないね。よく頑張ったね。ママの我儘を聞いてくれてありがとう。いつか虹の橋に迎えに行くね。それまでヴィー、キャン、そしてあなたによく似たエトワールと待っていてね。
沢山の素晴らしい時間を共に過ごせて幸せだったよ。ありがとう、シフォン。感謝しています。どうか安らかに眠ってね。これからもずっとずっと一緒だよ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/5


昨年末26日の朝、キャンディーが虹の橋に旅立ちました。
アルツが進行し自力で余り飲食できない状態だったので、食事もa/d缶を水で薄めシリンジで与え、水分も水から栄養補給可能なカロリーエースを注文したばかりでした。
内臓は至って正常で、2週間前にはワクチンも接種しトリミングも行けていたのに。突然の事で未だに信じられません。
私はお墓詣りで21日から留守にしており、26日に帰宅予定でした。
朝、主人からの電話で急遽帰路を早めましたが誰にも看取られず、旅立ってしまいました。
息子の話だと未明の4時ごろ3回大きな声で鳴いたとの事、その後、他の犬達が遠吠えをしていたそうです。
アルツの進行で夜中に鳴く事もあった為、息子は確認に降りる事をしなかったのを悔やんでいました。きっとそれが最後の時だったのだと思います。
主人は朝起きて異変に気づき、慌てて電話をしてきました。すぐに病院へ連れて行ってもらいましたが、心臓は動くことを止めてしまっていました。

主人の実家から預かって12年。我が家の長女は14歳と11ヶ月で本当の飼い主のところへ行ってしまいました。

何故? どうして急に? 看取る事さえさせてくれず、いきなり行くなんて、来月は15歳の誕生日を迎えるはずだったのに。

帰宅して真っ先に、いない間に汚れてしまった体を清めて、嫌いだったオムツを外し、皮膚炎の為、ずっと着せることが出来なかった洋服を着せ、翌日、大雨の中、ヴィーを見送った深大寺の動物霊園で娘と2人で荼毘にふしました。
棺にいっぱいメッセージを書いて、お花を入れて、家族4人分の分骨をして、いつもそれぞれが一緒に居られるように。
今は義父母のお仏壇の横で、ヴィーと一緒に眠っています。

12年間一緒に居たのに、看取れなかったのが悔しい。
キャンディー、ママは良いママだった?
大家族の我が家で幸せだった?

キャンディーが逝ってしまってから届いた栄養食。
いつかは別れが来るのはわかっていたけど、その時は腕の中で。そう思っていました。ひっそり逝くなんて、ズルイよ、キャンディー。
出来れば虹の橋で待っていて欲しいな。でもきっと、大好きなおじいちゃん、おばあちゃんと先に天国に行ってしまったかな。

もういないということが信じられず、姿を探してしまいます。

旅立つ時はいつもの様に舌の先をちょっと出して、眠っているかのように穏やかな顔でした。苦しまずに逝けたのかが気になります。

毎月トリミングをお願いしていたお店に荼毘に付した翌日報告に行って来ましたが、その翌日に素敵な花を贈ってくださいました。毎月無理なお願いをしていたトリマーの皆さん、本当にありがとうございます。そして、キャンの為に涙を流して悲しんでくださって感謝しています。

年末ということもあり、投稿するのを年越しをしてからにしました。

昨日は元気なキャンの夢を見ました。これからもずっと一緒だよ、キャンディー。
大好きな大切な我が家の長女。温厚で、優しい子でした。
13日の15歳の誕生日を前に旅立ってしまったけれど、お祝いしようね。

今まで本当にありがとう。お疲れ様、ゆっくり休んでね。そしてずっと側にいてね。

毎日あなたのベッドを見て、涙する日々はまだまだ続くと思う。やっぱり寂しいよ、キャンディー!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/7/30

リュミ8歳  誕生日

27日はリュミの8歳の誕生日でした。
病気知らずのリュミ、相変わらずのやんちゃさんです。
また1年元気で過ごせますように!

お誕生日おめでとう(^-^)  
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/6/26

シフォン12歳  誕生日

6月23日はシフォンの12回目の誕生日でした。 
発病が4歳。今でも毎日のインスリンはかかせません。
相変わらずの甘えん坊、どこに行くにもついてくるのは変わりませんが、最近体重が減少気味なのが気になります。
病院の医師と連絡を取り合い、インスリン量を調整中です。
元の体重に戻さないとね。

お誕生日おめでとう!  
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/6/13

出会い記念日  ヴィー 脳挫傷

昨日はヴィとの出会い記念日です。出会ったのが事故ではありましたが、あれから7年、昨日の事のように思います。
生きていれば7歳。
未だにお墓に入れる気になれずにいる私。
我が儘かもしれないけど、もう少し先迄家にいてね。 
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ