5匹のチワワとシーズーの6ワンコと縁あって我が家の仲間入りした4匹の猫、金魚の大家族の日常を綴った日記です。

2019/7/8

(無題)  ソレイユ

7月3日、14歳と1ヶ月で最愛のソレイユが旅立ちました。
我が家で生まれ、双子のエトワールの分まで癌とわかってからも7年頑張ってくれました。
2日に迷った末に病院に入院させ、父シフォンと同じ様に看取ることができずに逝かせてしまった事に入院させた決断が良かったのか、悪かったのか悩んでいます。
今回は医師が看取ってくれ、安らかな最期だったようです。眠るように穏やかな顔でした。
病院から電話をもらった時、延命の希望を聞かれ、可能性は低いの言葉に迎えに行くと延命せずに逝かせた事。それも正しかったのか。暖かい体を綺麗に拭いて、抱きしめて涙が止まらずでした。
タイミング悪く、主人が救急で病院に入院した日で翌日、慌ただしく娘と荼毘にふし、昨日は主人の手術。
偶然ではなく、私が悲しむ暇がないようにソレイユがしたのかな。優しい子だったから。ママっ子で、ずっと一緒で。
まだ受け入れられない。去年逝ったシフォンの事も、そしてソレイユも。心が拒絶。
悲しみと呆然、辛いことばかりの中で支えてくれた大切な家族。

ありがとう、ソレイユ。
その名の通り我が家の太陽だった子。
7年前の大手術の時に危ないと言われながら奇跡を起こし続けてくれたね。
大好きでだよ。ずっとずっと愛してる。
産んでくれた闘病中のリアンを見守ってね。

寝込むことなく逝ったね。
先に逝ったヴィー、キャンディー、シフォン、エトワールと残された家族を見ていてね。

いつかママが迎えに行く日まで虹の橋で待っていてね。
会いたいよ、ソレイユ。夢の中でも良いから。もう一度抱きしめたい

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



2019/7/20  9:25

投稿者:マイケル神戸さん

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。我が家にとって14歳は悲しい数字です。キャンディー、シフォンも14歳でしたから。でも大手術から7年頑張ってくれました。主人の事と重なってしまい、お別れがゆっくりできなかったのと看取れなかったのが心残りです。

2019/7/14  10:19

投稿者:マイケル神戸

14歳はよく頑張ってくれたと思いますよ。
わが家ではまだ14歳を迎えたちわわんはいないので・・・
ソレイユちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます<合掌>

ご主人も大変なようですが、ご自身のお身体も大事になさってくださいね。
お大事に。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ