5匹のチワワとシーズーの6ワンコと縁あって我が家の仲間入りした4匹の猫、金魚の大家族の日常を綴った日記です。

2010/5/25

初めての低血糖発作  シフォン糖尿病

昨日の夕方、膝で寝ていたシフォンがいきなり低血糖の発作を起こしました。

糖尿病になって初めて。

事前に低血糖時の応急処置を同じ病気を持つ方からお聞きしていたので助かりました。

発作は痙攣だと思っていましたが、シフォンは違いました。
最初しゃっくりをしているのかと思ったほど。
ビクッ、ビクッっと体が動き、おかしいと思い顔を見ると目が開かない状態。

何が起こったのか分からず、でも低血糖発作かもと思い、すぐに病院へ電話をし、タクシーを呼んで、シフォンには血糖値をあげる為にオリゴ糖液を舐めさせ診察してもらいました。

雨の為お散歩もしていない、普段と変わる事のない中でも発作、血液検査からも特に際立った異常はありませんでした。

原因が分かりません。

取り合えず、発作が治まり、自宅に戻って即、ご飯。(血糖値を更にあげる為です。)
インスリンは打たずに、夜、更にご飯。

今朝は当然血糖値が上がったまま、食事を持参して病院へ半日検査に行きました。
しばらくインスリンの量を今の2.5mlから2mlに変更して様子を見る事になりそうです。

発病してから4年、今更病気の事を調べ出したダメな飼い主ですが、それでも今回の事で病気の事を調べて、ご飯を管理して、病院を変えて、良かったのだと改めて思いました。

しっかり病気の知識を持っていれば急な展開に少しは焦らず処置できます。

もっと、もっと勉強してしっかり病気と向き合わないと。

昨日、今日と病院嫌い、私から離れる事を異常に不安がるシフォンにとっては試練の日々です。

検査結果が落ち着いていますように・・・

夜迎えに行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2010/5/26  13:42

投稿者:わんにん

エコさん

なんの前触れもなく起こった発作。
これからは一層注意してシフォンの管理していきます。

今回は入院する事無く済みました。

2010/5/26  13:41

投稿者:わんにん

マイケル神戸さん

誰もいない時起こらなかった事だけでも安堵しています。

糖尿病、インスリン治療となれば高血糖・低血糖共に避けて通れない事です。

今回は大事に至りたりませんでしたが、するの時に起こったらと考えるとぞっとします。

これからの季節更にシフォンにとってはつらい時期。
しっかり目を光らせてます。


2010/5/26  13:37

投稿者:わんにん

むぎ母さん

事前にむぎ母さんやおぎわんさんから低血糖の怖さと対応の仕方をお聞きしていたので助かりました。

発病してから1度も低血糖発作がなかったので最初発作かどうかも分からず、おかしい=低血糖と結びつけられたのが幸いしました。

シフォンは今は何事の無かったかのように元気です。


低血糖対応、家族間でも徹底させました。

家にいて、膝の上に乗せている時で良かったです。

むぎ母さん・おぎわんさんに本当にまたまた感謝です。

2010/5/26  9:06

投稿者:エコ

わんにんさんがちゃんとシフォン君の病気の勉強されてたから助かりましたね。
よかったです。
検査結果はどうだったかしら?
頑張れシフォン君!

2010/5/25  23:03

投稿者:マイケル神戸

う〜ん また、難題が出てきましたね。心労お察しします。
ママさんが体調崩さないように気をつけてくださいよ。
シフォンちゃん 元気になってね!

http://yasuragitime.blog115.fc2.com/

2010/5/25  17:43

投稿者:むぎ母

シフォンちゃんの様子はどうですか?落ち着きましたか?
低血糖発作、わんにんさんがお家にいるときで本当に良かったです。
対処が早かったので大事に至らなかったようでホッとしました。

処置ができないままだと昏睡状態になりそのまま‥ってこともあり得ます。
前の獣医さんから言われたことが今も頭から離れません。
「低血糖発作は怖いよ。アッという間に死んじゃうこともあるからね。」

私は散歩の時もシロップを持ち歩きます。
留守番をさせるときは多めのおやつ。
怖いのは高血糖より低血糖ですよね。

シフォンちゃん、お大事にね。


http://mugi0505.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ